ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

根岸ステークス ダート重賞戦線に新しい勢力 

ベストマッチョ
東海ステークスに続き
GIフェブラリーSへの重要な参考レース

根岸ステークス

GIの前の一叩きの馬もいれば
敷居の高いダートGIに出るために
本気で賞金を稼ぎに来ている馬もいて
その辺りの見極めも予想のポイントになりますね




















強いダート馬は息が長くずっと一線級として活躍するので
なかなか若い馬達が重賞にでれないという問題もあるのですが
出走登録馬の中に今後 重賞で活躍していけるかもしれない
期待の馬達の名前があります



エイシンバッケン
ブルミラコロ
ベストマッチョ
ラストダンサー



エイシンバッケンは
レッドファルクスやカフジテイクと
好勝負をしていた馬
5歳になって重賞初挑戦


ブルミラコロは
秋山騎手のお気に入りでデビューから12戦
全て秋山騎手が手綱を取っています
馬券外になったのは12戦中1回だけ
勝ちを取りこぼすことが多かったので出世が遅れてますが
素質は重賞級だと早くから言われていました


ベストマッチョは
ベストウォーリア・アジアエクスプレス・モーニンと
同じ馬主・馬場幸夫氏の馬
4歳ですがまだ5戦しかしておらず
かなり大切に、そして出走するときは必勝態勢の仕上げで出てきています
戦ってきた相手のレベルが他の馬達と比べると低いでしょうが
馬場氏のダート馬は走る馬が多いので要注目ですね


ラストダンサーは
1600万・OPと連勝で重賞に初挑戦
前走の東京ダート1400Mでは
東京ダート重賞の常連で安定した強さをもつタールタンを下しています



他にも去年 連勝から重賞に挑戦して
跳ね返され それから調子を落としていた
スーサンジョイ
近2走で調子を取り戻してきている感じがあります

モンドグラッセの名前もありますね
1700M以上のレースを主戦場にしていた馬が
距離短縮して初の1400M戦に挑戦




この路線で現在トップクラスにいる
コーリンベリー
ベストウォーリア



勝てはしなくても重賞で好走している
カフジテイク
キングズガード
グレープブランデー
タールタン
ニシケンモノノフ
ノボバカラ



新しい勢力が ここで強い馬達に混じって
いきなり上位に来るようであれば
後のGI戦でも通用するかもしれません
モーニンがそうだったから



とにかく今後の競馬予想の為にも
競馬を面白くする為にも新しい勢力に頑張ってもらいたいレースです







ラグナストライクエンジェルズ








Comment

Add your comment