高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ
前の記事 ホーム 次の記事

新潟記念・小倉2歳S予想

2018年09月02日06:34  カテゴリ:競馬
タムロドリーム

土曜の競馬は重馬場だったので
日曜の馬場傾向も予測しづらいです。

新潟は外差し馬場へと変化してきてたので
土曜の雨でその傾向が加速した可能性も高いですね。








小倉11R 小倉2歳ステークス

タムロドリームは新馬戦としては
なかなか厳しい前半33.2秒というペースを逃げて
最後まで垂れずに勝利。

筋肉も2歳馬の今の時期としては
発達している方らしく古馬と間違えられる事もあったそうです。

素直で乗りやすい馬らしいので
その分、騎手の判断が問われるかと思いますが
前走の再現ができれば十分勝機はあるはず。


フェニックス賞を勝ったシングルアップ
前走は余裕残しの仕上げで勝利しています。
叩き2戦目のここは状態を上げてくる事でしょう。
今の小倉は鞍上が松山騎手というだけでも買いですね。


ルチアーノミノルは来年はクラシック路線に
参戦させたいと陣営が思っているようで
血統からも適正距離はもっと長いのでしょう。
しかし基礎能力だけで上位争いできそうな雰囲気です。
鞍上は浜中騎手。
レーヌミノルの騎乗で問題を起こしてから
馬主達から距離を置かれていたようですが
今回は久しぶりのミノル馬騎乗。
なんとしても結果をだしたいんじゃないでしょうか。


あとはデキが良さそうなファンタジスト

3頭出しの川村厩舎の中でも陣営が一番期待しているブルベアオーロ




◎ ⑪タムロドリーム
〇 ⑤シングルアップ
▲ ③ルチアーノミノル
△ ⑥ファンタジスト
☆ ⑫ブルベアオーロ







新潟11R 新潟記念

ブラストワンピースがやはり人気ですね。
クラシック有力馬がでてくる事がなかったのでデータ派の人達には
取捨選択を悩ませる原因になりそうですね。


ブラストワンピースはシルクレーシングの馬。
今年のシルクRはアーモンドアイの桜花賞や
つい最近もグローリーヴェイズを新潟に出走させて好走するなど
変則的といえるローテで結果を残してきてます。
おそらくノーザンFの戦略なんですが。

実はノーザンFは何年か前から3歳馬の外厩を使った
変則的なローテーションを試してきており
それが今年ようやく結果をだしてきたわけで
ブラストワンピースのローテーションもしっかり計算されての事なんでしょうが
かなり大型馬であるし休み明けの成績があまり良くない
ハービンジャー産駒だったりと色々考えていくと悩む部分もありますね。



それならもう1頭のシルクR馬セダブリランテス
休み明けでも走れる馬。
というか間隔あけて毎回 外厩天栄で仕上げられてレースしている馬ですね。
レースセンスの高さ=強さという感じの馬ですが
過去に新潟で33秒台の上がりタイムもだしており
やはり重賞で好走し続けているだけあって
基本能力が高いのでしょう。


ストーンウェアは左回りの広いコースに変わるのはプラス。
前走の小倉記念も苦手な展開の中で5着に踏ん張ってます。
高速馬場より多少時計が掛かる馬場の方が向いており
今の新潟芝ともマッチしそうです。


近走で展開や馬場が合ってなかった馬と言えば
マイネルハニー
逃げ馬なので小回りコースなどが良さそうな感じでしたが
実際は左回りの直線が長いコースに良績が集中している馬。
近2走は洋芝も合わなかったんでしょう。


グリュイエールは能力上位の藤原厩舎管理馬。
当然 押さえておかなければいけない。
鞍上は戸崎騎手ですが
最近はまたまた勝てなくなってますね。
この人は好不調の波が大きいのかもしれない。





◎ ⑬セダブリランテス
〇 ⑧ストーンウェア
▲ ②マイネルハニー
△ ①ブラストワンピース
☆ ⑩グリュイエール




レアリスタとエンジニアもできれば上手く買い目に加えておきたいところ。






競馬ランキング

競馬ブログランキングへ
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
前の記事 ホーム 次の記事