FC2ブログ

ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

エルムS・関谷記念予想 

アンジュデジール

今開催の新潟芝とダートに小倉芝は
極端な結構傾向がでているようですね。

新潟芝は出走してきたヴィクトワールピサ産駒が全て馬券となっており
ダートはエーピーインディやワイルドラッシュの血を引く馬が好走中。

小倉芝は相変わらずトニービンの血を引く馬が
穴を開けています。

出走馬をちょっと調べてみたら日曜も該当馬がたくさん出走してくるようです。








札幌11R エルムS予想


過去のレース傾向としては
けっこうなリピーターレースですね。
今年のリピーター候補は
1.リッカルド
2..ドリームキラリ
9.ロンドンタウン
14.モンドクラッゼ


そして逃げ先行が圧倒的にいい成績、
しかし内を上手く立ち回った差し馬1頭が
馬券内に絡んでくる事も多い。

逃げ・先行3頭か
逃げ・先行2頭+差し馬1頭で決まる事がほとんどです。


ドリームキラリが一番該当しているのですが
鞍上の今開催 札幌ダート1700mの成績が悪いので
別の馬から選びたくなります。


期待の素質馬ハイランドピーク
重賞挑戦2回目の今回は期待値も高いです。
ここで賞金を稼いでこの先ダート重賞戦線で活躍していきそうな気もしますが・・・
鞍上が横山お父さんじゃないのがやっぱり気になりますね。

横山和生騎手はこの馬で500万・1000万クラスのレースを
勝ち損ねています。


そこで本命はお父さんが乗るアンジュデジール
牝馬限定の地方重賞で活躍している馬なので
牡馬相手にどうなのかとか不安点も多いのですが
小回り適性はかなり高い。

来週には適鞍である地方重賞があるにも関わらず
こちらに出走してきたことからも本気度は高いんではないでしょうか。


本命にしようか迷ったのがディアデルレイ
2桁馬番を引いたときはほぼ好走しているのですが
なかなか外枠を引けなかった馬。

今回は待望の外枠です。
砂を被らずスムーズな競馬ができた時は
インカンテーションと五分の勝負ができた馬。


アルタイルはこのレースで馬券絡みしてくる
内枠の差し馬に当てはまっている感じがあるし穴を開けるとしたら
この馬のような気もします。

アンジュデジールとディアデルレイ両馬の単勝と
ハイランドリールを絡めた馬連ボックス。
あとアルタイルからのワイドとかと三連系は適当に予算見ながら買ってみようと思います。


◎ ④アンジュデジール
〇 ⑧ハイランドリール
▲ ⑪ディアデルレイ
△ ③ミツバ
☆ ⑦アルタイル







新潟11R 関谷記念


直線の長い新潟芝だけど
近年は前が止まらず先行有利なレース。

その為、中京記念で負けた馬達の巻き返しも目立つレースですね。


逃げ・先行馬は何頭かいるので
その中から内目のポジションで楽に先行できそうな馬となると
4.エイシンティンクル
5.ショウナンアンセム



エイシンティンクルは兄エイシンヒカリと同様に
レース数を絞って慎重に育てられてきた馬。

今回が重賞初挑戦であり
小倉が主戦場の和田騎手もこの馬の為に新潟へいきます。

ショウナンアンセムも重賞初挑戦。
ずっと気性が安定しなかったので位置取りなど
チグハグな競馬が多かったのですが
近走は安定して先行できるようになっており
近2走ではとうとう逃げてもしっかり折り合いがつくようになってました。

どんな位置取りからでも最後は33秒台前後の末脚を繰り出しており
本格化した今なら初挑戦の重賞でも通用するんじゃないでしょうか。
鞍上も福島開催から調子を上げてきた田辺騎手。

安定した上がりタイムと鞍上の差で
ショウナンアンセムのほうを本命。


あと穴で押さえておきたいのはチャンピオンルパン
この馬も気性が原因で勝ち切れずにいるのですが
近走は折り合いもつき調教指数も常に高い馬です。
まだ勝ちきれない競馬が続いていますが それは相手が悪かっただけ。

レッドオルガ・ヒーズインラブ・ロジクライ・プロディガルサンなどと
差のない競馬をしてきています。


現在の新潟芝の血統傾向に合っていそうなチェッキーノと
近走レベルの高いレースにでていたベルキャニオンも押さえ。



◎ ⑤ショウナンアンセム
〇 ④エイシンティンクル
▲ ⑪チャンピオンルパン
△ ⑨チェッキーノ
☆ ①ベルキャニオン






競馬ランキング

競馬ブログランキングへ
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Comment

Add your comment