ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

安田記念予想 

サトノアレス

安田記念は中距離路線と短距離路線の馬が集まるので
予想の段階では人気が割れて混戦模様になりやすいです。

今年も例年通りオッズが割れていますね。
大阪杯をかなり強い内容で勝利した
スワーヴリチャードが前日の段階では
1番人気でも3.4倍とやや高めのオッズとなっています。








東京の芝は相変わらずキンカメ馬場のようですが
安田記念にキングカメハメハ産駒の出走はなし。

ではさっそく安田記念の予想です。




東京11R 安田記念

人気の馬達の多くはちゃんと
このレースを目標として仕上げてきているようです。

スワーヴリチャードのマイル挑戦理由は
左回りG1を求めて、そしてここを勝利すれば
種牡馬になったときの価値が上がるため。

しがらきでしっかり調整されここに勝負を賭けてきており
このあとの宝塚記念には現段階では出走する意思はないようです。

1枠1番というのが良い方にでるか悪くでるかは悩ましいところですね。
マイルのペースに慣れていないので
序盤に置いていかれると馬群を捌くのに手間取ったり
最内から外にだすロスなど考えられますが
鞍上はミルコ騎手だし 中距離路線の現役馬ではトップクラスの強さでしょうから
不利がなければすんなり勝ちそうな気もします。


サングレーザーもここを目標にして
前走マイラーズCは仕上げ過ぎないようにして出走するも
レコードタイムで勝利するという陣営の期待を上回る内容でした。

その後も順調でにきており不安点は
近年では相性の悪いマイラーズCからのローテーションくらいのような気もします。


対してペルシアンナイトは上記2頭の人気馬に比べ
デキの面で劣っているようなコメントも多々あるようです。
叩き良化型の馬の休み明けというのもあるのでしょうか。

池江厩舎も昨年とは違い今は調子が悪いようですが
土曜日は得意の鳴尾記念で4連覇という偉業を達成しました。
こういうことから勢いを取り戻せるかもしれません。

それに池江厩舎はやや弱気なくらいの時が好走する厩舎です。


リアルスティールもこの路線ではトップクラスの馬。
戦ってきた相手がドゥラメンテ・キタサンブラック・モーリスでなく
鞍上に恵まれていればG1を3つくらい勝っている馬ですね。

しかしドバイ帰りというのが悩みどころです。
基本的にドバイから戻ってきた馬達の初戦は良くありません。

香港帰りだと問題ないのですがドバイ帰りは状態の調整が難しいようですね。
しかし矢作厩舎も複数回の遠征経験があるし
ジャスタウェイ・ジェンティルドンナといった
トップクラスの馬達はドバイ帰り初戦のG1でも馬券に絡めています。

調教を見てもしっかり動けているし
リアルスティールもトップクラスの馬だと思うので
今回は十分に期待できそうな気がします。


サトノアレスもここが目標で
前走の京王杯でもココを見据えた騎乗で2着。
1400mだと最後方からの競馬ですが
1600mだともっと前の位置で競馬ができる馬。
1枠2番なので上手く馬群を捌ければ上位にくることでしょう。

昨年3着馬のレッドファルクス
休み明けと左回りが得意な馬なので
前哨戦を使わずにぶっつけで参戦してきました。

リピーターレースでもある安田記念で
昨年馬券になった出走馬はこの馬だけ。



◎ ②サトノアレス
〇 ⑤ペルシアンナイト
▲ ①スワーヴリチャード
△ ⑨レッドファルクス
☆ ⑦ウエスタンエクスプレス



穴でウエスタンエクスプレスにちょっと期待。
2走前の結果から近年の安田記念を勝てる時計で走れており
血統も安田記念に合っているような感じ。
クリッパー騎手の事はよく知りませんけど
レベルの高い香港でG1に出走できているし上手いのかも知れませんね。





競馬ランキング

競馬ブログランキングへ
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Comment

Add your comment