FC2ブログ

ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

葵ステークス予想 

ミッキーワイルド

今年から重賞に昇格した葵ステークス。
3歳の短距離馬を抱えている厩舎にとっては有難いようで
登録段階から多くの数が集まり
結果として11頭も除外となったようです。

除外された中に状態が良い有力馬が複数頭いたそうで
トレセン内では残念がっていた人も多かったとか。








さっそく葵ステークス予想。

1番人気はアサクサゲンキのようですね。
1200mのG3を1度勝利しており
1400mG2で3着、G3で2着と芝の1400m以下では安定した成績だが
実際は気性的に危うい部分を感じる気難しい馬らしいです。

そんな不安を抱えた状態でも重賞で安定して走るのだから
やはり高い能力をもっているのでしょうね。

ハイペースでもスローペースでも好位で上手に立ち回る
レースセンスが高い馬で内枠偶数番を引いた今回も上位にきそうです。



生粋のスプリンターっぽいアンヴァル
前走の桜花賞で惨敗。
これは陣営も距離が長いのを承知での出走で
実際のレースでも先行して最後にバテてぱったり止まったのは
まさに距離が長すぎた時の負け方。

元々ここが上半期の目標であり
適距離の今回は巻き返しも期待できます。
状態は「休み前より馬体は良くなったが反応が若干鈍く物足りないところがある」
と言ってるようですが本音ではどうなのか。
厩舎コメントとかはあまり信用しないほうがいいですからね。
ただこの馬の母系は超早熟血統で
お母さんもおばあちゃんもこの頃から勝てなくなってる点は少し気になります。


ミッキーワイルドは関係者が凄く期待している馬。
前々走のクロッカスSでは1番人気になるも
鞍上の福永騎手が内しか伸びない馬場で
外回すという完全なミス騎乗。
期待されている素質馬だっただけに
1回のミスでレース終わった途端に鞍上変更の指示がでたそうです。
父はロードカナロアで厩舎はロードカナロアを世界一の馬に育て上げた
短距離の名門・安田厩舎。
今回は出走馬中で唯一のしがらき調整馬。

しかし陣営が不安視している部分もあって
どうやら晩成型な馬の可能性がありそうとの事です。



オジョーノキセキの前走は
マーガレットSで2着ですが脚を余らせて負けた勿体ない内容。
前残りの展開を1頭だけ最後方から追い込んでの2着ですから
強い競馬はしています。
今回の鞍上も前走と同じ松山騎手。
前走で脚を余らせたので今回はもっと上手く乗ってくれると期待。


タイセイプライドはミルコ騎手がずっと乗っていたのですが
あまり評価は高くない馬でした。
しかし2走前にミルコ騎手が乗った時に
「凄く良くなってる」とコメント。
そして どうやら夏馬のようで気温の上昇と共に調子を上げていってるようです。

ウィズは現3歳馬が活躍中の
カナヤマホールディングの馬。
クラシック路線は相変わらず社台軍団が強いですが
短距離路線ならかなり期待はできる馬主。
レース展開にも上手く乗れそうで
人気的にも単複馬券買ってみる価値はあると思っています。


トゥラヴェスーラは気性が激しく
1600mでは折り合いが難しかったので
1200mに距離短縮したら鋭い末脚を繰り出せるようになり
ここ2戦は安定した着順。
最終週の京都の馬場ともマッチしそうな血統。





気になったのが上記の馬達で
ここに印をつけるなら




◎ ⑮ミッキーワイルド
〇 ⑧オジョーノキセキ
▲ ②アサクサゲンキ
△ ⑬タイセイプライド
☆ ウィズ



馬券の買い方はいくつか考えてみますが
とりあえずウィズはまったく人気ないので単複は買っといてみます。





競馬ランキング

競馬ブログランキングへ
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Comment

Add your comment