FC2ブログ

ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

優駿牝馬 オークス予想 

サトノワルキューレ

土曜の競馬は前半は馬券の買い方が悪く
微妙にズレたフォーメーションなどでほとんど当たらず
今日はダメだな~と思い予想方法を変えて
東京のレースにきている関西馬を買いはじめたら
結構面白いように的中しました。

美浦のトレセンや天栄が改築されて良くなったんですが
やはりまだ西高東低の差は残っているようですね。
日曜も東京・新潟のレースに出走してくる関西馬を
狙ってあそんでみようと思います。







せっかくのオークスデーですが
日曜も仕事が入ってしまったので
簡単にオークス予想だけ。




オークスは最速上がりを出した馬が
高確率で馬券内にくるレース。

近年でも毎年馬券内にきています。
アドマイヤミヤビ
シンハライト
チェッキーノ
ミッキークイーン
ハープスターなどですね。

1番人気のアーモンドアイは前走の桜花賞で
上がりタイム33.2秒。
驚く事に上がりタイム2位のトーセンブレス34.2秒との差が1秒。
まさに異次元の末脚といった感じ。

普通に考えればアーモンドアイですが
無理矢理 不安点を探すとなると
いくつかのサイトやブログでも言われているような血統。
ロードカナロア産駒は1800m以上の距離になると
成績が悪くなっていると言われています。

産駒がデビューしたばかりで1600m以下のレースが多いというのも
理由の一つかも知れませんね。

3歳の時点では血統の距離適性を
そこまで気にしなくてもいいかも知れませんが。



アーモンドアイを倒せそうな可能性のある馬となると
やはりラッキーライラックにサトノワルキューレ。
この2頭に逆転の為のプラス条件はないか考えてみます。

ラッキーライラックは東京芝2400mで有利な1枠2番を引きました。
過去10年の結果だと2枠が好成績なんですが
構造的にも内枠有利なコースです。

桜花賞の時も1枠でしたが あの時はそこまで有利ではなく
逆に逃げなければ包まれて潰されてしまうので
みんなに注目されながら多少強引にでも前にいく競馬しか選択できませんでした。

今回はみんなから狙われる立場が
少しは緩和されるので前走よりは心身共に融通の利く走りも可能かもしれません。
父がオルフェーブルなので距離延長は
アーモンドアイよりはプラスでしょう。


サトノワルキューレはすでに2400mの距離で結果をだしている馬。
前走のフローラSでは直線一気の凄い脚で見事勝利しています。
その前走ですが実は距離が短くて不安とミルコ騎手や陣営が言っていました。
つまり今回2400mという距離になるのは間違いなくプラスの馬。
ローテーションを見ても明らかにオークス狙いで進んできています。
そして みんなが期待する馬とかにも平気で勝ってしまうのがミルコ騎手。

フローラS勝ち馬はオークスでも好成績。


この2頭が逆転する事を期待して
3着に来るかもしれない馬を考えてみると・・・

リリーノーブル。
なかなかラッキーライラックに追いつけないですが
着差はどんどん詰めてきています。
スタミナとパワーを兼ね備えたルーラーシップ産駒で
2400mという距離も難なくこなす事でしょう。


オークスと好相性のフローラS組で2着となった
パイオニアバイオ。
相手なりに走れそうで欲を出さず
いつものように前目の位置で自分の走りに徹すれば
粘れるかもしれませんね。
リリーノーブルと同じでスタミナ豊富なルーラーシップ産駒。

ロサグラウカは天栄で調整されて出走してきます。
この馬もかなりの期待馬で中山2200mで勝利した実績あり。
スタミナは問題なくなかなか速い上がりも使えています。
そしてこの馬もルーラーシップ産駒。

血統で選んだつもりは無かったのですが
何故かルーラーシップ産駒ばっかりになってしまいました。



とりあえず予想は

◎ ⑧サトノワルキューレ
〇 ②ラッキーライラック
▲ ⑬アーモンドアイ
△ ①リリーノーブル
△ ⑪パイオニアバイオ
△ ⑰ロサグラウカ




本線は ⑧→②⑬→②⑬
あとは上記の馬達でフォーメーション考えてみます。
あんまりお金使わないように掛けなければいけませんね。





競馬ランキング

競馬ブログランキングへ
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Comment

Add your comment