ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

ドバイWCデー 4競走予想 

メイダン競馬場

今年のドバイWDデーは例年よりも
海外の有力馬が集まらなかったようですね。
日本馬が多く出走できたのはその影響でしょう。

ドバイの芝は多くの日本馬が好走できているので
芝レースでは日本馬も有力馬扱いですね。

ハービンジャー産駒の2頭が海外の競馬で
どんな走りを魅せるのかというのも楽しみです。








情報が日本競馬ほど豊富ではないので
予想は騎手の動きや枠などから結構適当に・・・




ドバイゴールデンシャヒーン
ダート1200m 23:40発走(日本時間)


◎ ④ワイルドデュード
〇 ⑨ジョーダンスポート
▲ ⑥ロイエイチ
△ ①マインドユアビスケッツ
☆ ②エックスワイジェット



アメリカ馬達が人気しているレースですが
本命はワイルドデュード。
理由は競馬において最も有利な枠といわれる4番だから。
成績みると近走での敗戦は距離が長かったから
負けているような感じにも受け取れます。
1200mに戻った前走ではG3ですがしっかり馬券内にきていますね。

ジョーダンスポートは前走が久々のダート戦で
7馬身差の勝利。
こちらもG3でのレースでしたが
抜けて強いと思われているロイエイチを倒すのは
こういう路線変更してきた未知数の力を持った馬かも知れませんね。

あとはアメリカ馬達を。




ドバイターフ
芝1800m 0.35発走(日本時間)


◎ ⑬ディアドラ
〇 ②ネオリアリズム
▲ ④トレスフリュオース
△ ⑥ジャヌービ
☆ ⑤ベンバトル



ハービンジャー産駒のディアドラに期待。
あと好きな馬だから応援も込めて本命。

今年のメイダンの馬場が高速馬場との噂も
あるようですが実際のところは私にはわからないし
過去のこのレースでは差し追い込みも決まってる印象があります。
高速馬場に水でも撒いてくれたら
函館・札幌の芝に近くなってハービンジャー産駒無双馬場が完成するんですけどね。


ネオリアリズムはモレイラ騎手が乗るから要警戒。

トレスフリュオースは好枠を引きました。
1600mばかり走っているのはちょっとマイナスでしょうが
前走は何故かダートを走っておりしかも2着。
どんな芝でもこなせるタイプなんじゃないでしょうか。

ジャヌービは短距離から距離を長くしながらの重賞挑戦で
3連続馬券内というのがなんか目についたので。

ベンバトルもホームの競馬場では安定しているから相手に。


でも高速馬場だったらリアルスティールやヴィヴロスのほうが
チャンスは大きいんでしょうね。





ドバイシーマクラシック
芝2410m 1:10発走(日本時間)


◎ ⑤ポエッツワード
〇 ⑧サトノクラウン
▲ ⑥クロスオブスターズ
△ ③レイデオロ
☆ ④カリーディ




ポエッツワードにはデットーリ騎手が乗るから本命。
理由はそれだけ。


相手は
モレイラ騎手が乗るサトノクラウン。

安定感抜群のクロスオブスターズ。

日本馬の対象格であるレイデオロも。

あと好枠のカリーディ。






ドバイワールドカップ
ダート2000m 1:50発走(日本時間)


◎ ②ノースアメリカ
〇 ⑨ウエストコースト
▲ ⑩サンダースノー
△ ⑥フォーエバーアンブライドルド
☆ ⑤ムブタヒージ




今年好調なノースアメリカ本命。
前走はサンダースノーに5馬身差をつけて勝利しています。


相手には
アメリカの強い2頭アロゲートとガンランナーが引退し
繰り上がりでトップとなったウエストコースト。
ガンランナーには完敗していますがそれ以外の馬には
10馬身差とかつけています。
普通にかなり強い馬ですね。


サンダースノーは鞍上がスミヨン騎手に戻るので。

フォーエバーアンブライドルドはアメリカ牝馬のトップクラスの馬でしょうか。
距離不安視しているサイトなどもありますが
不安説がでるときは大体問題ないです。

ムブタヒージは安定感ある馬ですね。



あまり詳しくはないので簡単に予想してみました。
予想には日本馬の名前があまりでてこなかったですが
頑張ってほしいです。

ジャスタウェイやジェンティルドンナ、
ヴィヴロスもリアルスティール。

過去に上記の馬達が勝った時は素直に嬉しかったし
ドゥラメンテが負けた時は悔しかったですから
今年も好走して日本馬の強さをみせてほしいです。




競馬ランキング

競馬ブログランキングへ

Comment

Add your comment