FC2ブログ

ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

共同通信杯・京都記念予想 + 他レースの狙い馬 

サトノソルタス

日曜の重賞は共同通信杯と京都記念。

共同通信杯は近年では出世レースでもあり
このレースの勝ち馬が後のクラシック戦線でも活躍していますね。

京都記念は多くの実績馬がここから復帰して
後のGIへと参戦していきます。






共同通信杯の過去の勝ち馬達

2011年
ナカヤマナイト ステイゴールド産駒

2012年
ゴールドシップ ステイゴールド産駒


2013年
メイケイペガスター フジキセキ産駒

2014年
イスラボニータ フジキセキ産駒


2015年
リアルスティール ディープインパクト産駒

2016年
ディーマジェスティ ディープインパクト産駒


2017年
スワーヴリチャード ハーツクライ産駒



この流れだと今年勝つのはハーツクライ産駒?
グレイルとゴーフォザサミットがハーツクライ産駒なので
十分ありえそうですね。




日曜の狙い馬・穴馬



京都1R
⑮トラストノブナガ
京都ダートで好調な米国血統ヘニーヒューズ産駒。
現状では1200Mがベスト距離っぽい。


京都6R
⑨アンドレアス
2018年好調の藤原厩舎管理馬。
今年は出走してくるとほぼ馬券になっています。


京都9R
③タガノアズワド
前走惜敗後はすぐに距離短縮の道を選びココを目標に調整。
クラシック参戦を意識していたほど厩舎内での評価は高い馬。
荒れ馬場も苦にしない馬で鞍上が乗りなれた国分恭介騎手に戻る。




東京3R
⑫トーセンハルカ
新馬戦。
調教〇 トーセン馬は新馬戦からしっかり乗り込んできます。


東京5R
①クレバーバード
関西馬で外厩しがらきで調整 調教〇 
鞍上はミナリク騎手。
腕のほうはどうなんでしょうかね??


東京9R
⑦インヘリットデール
関西馬 外厩しがらき 
早くからココを目標に調整。
連勝の内容から本格化した兆しあり陣営も期待している馬。
鞍上は石橋騎手。
関東圏で関西馬に乗る石橋騎手は成績が上がります。

④ロイヤルストリート
好調 藤原厩舎の馬。


東京10R
⑯コロマンデル
関西馬で外厩しがらき。
鞍上は石橋騎手。東京コースはいい成績の馬。





京都11R 京都記念 

◎ ⑤モズカッチャン
〇 ④クリンチャー
▲ ⑦クロコスミア
△ ⑥レイデオロ
☆ ⑨ミッキーロケット



京都芝は昨秋からずっとハービンジャー産駒が
好走しやすい馬場状態となっています。
ハービンジャー産駒はモズカッチャンとディアドラですが
ディアドラはまだ少し太いらしく鞍上も福永騎手なので
馬の状態と騎手からモズカッチャンを本命に。


クリンチャーは今回 過去最高に体調がいい状態らしいです。
不良馬場の菊花賞でも2着になったように
重たい馬場も問題なし。

クロコスミアも昨秋に本格化した感じの馬で
逃げでも番手でも競馬ができる馬。
不利を受けにくいので実力や状態が良ければ
馬券内にくるでしょう。

レイデオロは100%の仕上げではないですが
それでも実力上位の馬。
ただ鞍上が不安。

ミッキーロケットは前走で負けていますが
その時は中間過程で一頓挫あったらしく
万全の状態ではなかった様子。
それでも4着だからやはり実力はありますね。


モズカッチャン - クリンチャーの馬連と
後は適当になんかフォーメーションでも組んで買ってみます。




東京11R 共同通信杯

◎ ①サトノソルタス
〇 ⑫グレイル
▲ ⑦ブラゾンダムール
△ ⑩ゴーフォザサミット
☆ ③アメリカンワールド



サトノソルタスは堀厩舎の馬で
天皇賞・秋の日にデビューしました。
堀厩舎は期待馬を注目が集まる大レースの日に
デビューさせる事も多いです。
外厩しがらきで調整され
調教でもよく動き高い指数をだしています。
鞍上はムーア騎手。


グレイルは普通に実績・実力共に上位と見られていますね。

ブラゾンダムールの前走は京都で惨敗。
フラフラして勝負に参加できなかったそうです。
デビュー戦の東京で快勝している事からも
現状では左回り専用っぽい馬。


ゴーフォザサミットは前走の時計が優秀で
厩舎は東京大好き藤沢厩舎。
しかしこの厩舎の勝ち星の大半は外国人ジョッキーなんですよね。
今回の鞍上は田辺騎手です。


アメリカンワールドは枠と脚質が
このレースで穴を開けてきた馬達となんとなく似ているような気がします。




印が足りないので外しましたが
ステイフーリッシュは前走のホープフルSより
ローテーションに余裕があり今回は良さそうな気もします。

この後に続くクラシックの為にも
馬券はともかく共同通信杯の勝ち馬と勝ち方を
しっかり覚えておきたいですね。




競馬ランキング

競馬ブログランキングへ

Comment

Add your comment