ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

シルクロードS またノリさんの進言があったようです。 

ハイランドピーク

今週の重賞は東京でダートの根岸ステークスと
京都で芝のシルクロードステークスが開催されます。

この2つの重賞両方に登録していいる馬がニシケンモノノフ
前走のJBCスプリントで悲願のGI初制覇を遂げたのですが
どうやらダートではなく芝の短距離戦である
シルクロードSに出走してくる予定らしいです。

その真意は・・・




横山典弘騎手の提案によりシルクロードSを選択したようです。

芝のレースは3歳の頃のクロッカスS以来で4年ぶりの参戦となりますが
陣営は意外と色気をもっているようですね。


「地方競馬の深いダートを使ってきたことで筋肉量が
どんどん増えてきた。以前は1600Mでもこなせる体型だったが
今は完全にスプリンターとしての筋肉がついている。
1400Mの根岸Sは1ハロン長いし、それなら芝だが1200Mの
シルクロードに出走してみよう」

「芝スタートのダートは得意だし脚抜きのいいダートも得意だから
スピード的には足りるんじゃないか」

「今の京都の馬場は昨秋の不良馬場の影響もあってか
かなりボコボコした馬場状態。
ダート戦で培った肉体と経験がこの馬場状態とマッチするんじゃないか」



という理由からシルクロードSに出走してくるようです。
蹄を見ても芝を普通にこなせそうな形。

お試しでの出走ではなく馬の適正を見極めた上での参戦であり
穴として狙う価値はありそうな気がします。


ノリさんの進言といえば
つい最近もロードヴァンドールが距離延長で
2着と好走しています。

結果をだしているからこそ
調教師もノリさんの案を採用するんでしょうね。

そんな横山騎手が先週も見せる騎乗をしてくれました。


中山9R 初茜賞 (1000万下) ハイランドピーク

中山競馬場はノリさんの遊び場(笑)


大逃げ → 一息入れる → 再加速。
ゴールした時は会場から拍手が起きてました。
本気をだすと凄い騎手なんですが
手を抜くことが多いのが困りものの騎手ですね。


競馬ランキング

競馬ブログランキングへ

Comment

Add your comment