ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

日経新春杯 ノリさんに策があるそうです。 

横山典弘

先週のシンザン記念でアーモンドアイは強かったですね。
まさに桜花賞馬候補と言えるような勝ち方でしたね。
あまり目立っていないようですが2着のツヅミモンも強かったんじゃないでしょうか。
正攻法でカシアスを競り落としたのは評価されるべき点であり
こちらの馬も桜花賞にでてきたら要警戒な1頭と思います。

シンザン記念で馬券になった牝馬は桜花賞で好成績ですしね。







今週はGIIでは数少ないハンデ重賞の
日経新春杯が開催されます。


出走登録馬

アクションスター
カラビナ
ガンコ
サンタフェチーフ
ソールインパクト
トルークマクト
パフォーマプロミス
ヒットザターゲット
ベルーフ
ミッキーロケット
モンドインテロ
ロードヴァンドール



ほんとにGII?って感じのメンバーです。
ミッキーロケットが順当に勝つんじゃないの?と単純に思ってしまいそうですが
意外とこのレースは連覇した馬がいないんですね。

アドマイヤモナーク
テイエムプリキュア
サトノノブレス
レーヴミストラルなどが前年に優勝し
翌年も出走してきて結構な人気になったりもしてますが
みんな馬券外となっています。

しかしリピーターレースの傾向もあり
前年に2着・3着で翌年も3着以内にきた馬も何頭かいます。

昨年の3着馬モンドインテロが今年も出走予定。
ミッキーロケットが1番人気になりそうな感じだし
レース傾向と馬券妙味からみると
モンドインテロ本命のほうが面白そうですね。



このレースに出走登録しているロードヴァンドール。
距離が長いんじゃないか?と思ってしまいそうですが
今回の参戦は鞍上の横山ノリさんの進言のようです。

昆調教師「ノリちゃん(横山典)が策があると言うので距離を延ばしてみる」

逃げ馬であるロードヴァンドールでの策だから
番手での競馬か後方からの競馬か
それとも思い切って大逃げするのか・・・
いまからどんな競馬するのか楽しみです。


横山典弘騎手は過去にも策があるといって出走を進言し
実際にレースで大成功した実績が何度かあります。


2014年 G2 京都記念 デスペラード



追い込み馬だったデスペラードで突然の逃げ。
GI馬のトーセンラーやラキシス、
ジェンティルドンナを下しての勝利。

この時もレース前にいつもと違う競馬をしてみるって感じの
発言をしていたっぽいです。




2015年 G1 天皇賞・春 ゴールドシップ



天皇賞・春は過去2年どちらも敗戦し
レース傾向が合わないからと須貝調教師は出走させない方針でしたが
ノリさんが「秘策がある」というので出走させてみる事に。

レースがスタートするといつものようにゴールドシップはやる気をださず
手を抜いた走りで最後方を付いていくだけ。
正面スタンドに来た時にノリさんは
お客さんの大歓声を聞かせてみる為に、わざと外目を走らせる。

すると突然スイッチが入ったのか力強い走りに変わったそうです。
そこでノリさんの秘策である超ロングスパートを実行。
残り1200Mくらいから一気に加速させていきます。

ゴールドシップが動き出したので周りの馬達も動き出し
平均ペースだったレースが一気に消耗戦へと変化。

京都競馬場の4角下り坂なコース形態や
天皇賞・春のレース傾向が合わないなら
自分で得意な展開を作ってしまえっ!というのが秘策だったようです。

このレースで上位にきた馬は
1着ゴールドシップの他に
カレンミロティック
フェイムゲーム
ネオブラックダイヤといったスタミナ豊富なタイプで
まさにゴールドシップがもっとも得意とするレース傾向を作り上げてみせました。

改めてこのレースを見返してみると
正面スタンド前でゴールドシップがやる気をだしたのもわかるし
ゴールドシップのロングスパートに合わせてレースが一気に動き出すのが面白いですね。
リアルタイムで見ていた時は周りの人達も歓声をあげていたしホントに興奮したレースでした。


他にもクラリティスカイでNHKマイルカップを勝つために
皐月賞であえて逃げさせるというクラシック戦を叩き台にするような事や
ミツバで突然の大逃げを打って勝ったりとノリさんの策が
嵌る時はホントに「お見事です!」といいたくなるようなレースばかり。



ロードヴァンドールが今回どういう走りをするかは
分かりませんが、いつものようにみんな驚かせるような騎乗をして勝利し
見てるだけでも楽しめるような競馬を魅せてくれないかと期待してしまいます。



競馬ランキング

競馬ブログランキングへ

Comment

Add your comment