ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

阪神ジュベナイルフィリーズ 関東馬が連勝中、人気の2頭と注目馬考察 

トーセンブレス

阪神ジュベナイルフィリーズに香港GIが4レースと
日曜は思い切り競馬を楽しめそうです、

近年では阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬は
翌年のクラシック戦線でも活躍しており
来年の馬券予想の為にも注目の1戦です。

そしてオルフェーブル産駒に早くも
初GI制覇の期待がかかるレース







阪神ジュベナイルフィリーズは
現在、関東馬が3連勝中。

2016年 ソウルスターリング
2015年 メジャーエンブレム
2014年 ショウナンアデラ

この内の2頭が翌年にGIを勝利しており
ショウナンアデラも怪我無く順調にレースに出走していれば
もっと活躍できていた事でしょう。


2013年の勝利馬は関西馬のレッドリヴェール。

そしてこの阪神JFで2着・3着となった馬達
2016年 
2着 リスグラシュー
3着 レーヌミノル

2014年 
2着 レッツゴードンキ

2013年
2着 ハープスター

このようにこのレースで上位にきた馬達は
やはり翌年のクラシックで活躍した馬が多い。





今年も関東馬が1番人気になりそうです。

ロックディスタウン
オルフェーブル産駒。
戦績は2戦2勝でGIII札幌2歳ステークスの勝ち馬です。

この馬の2連勝は他の馬達に比べても
価値が高いレース。

新潟でのデビュー戦は単勝オッズ1倍台の人気に応え
好位追走から上がりタイム1位の32.5秒の脚を使い勝利。
2着馬は先日の京都2歳ステークスで2着になったタイムフライヤーと
倒した相手も強い馬。

2戦目で2歳重賞に挑戦するのですが当初は
「新潟で勝ったのに新潟2歳Sではなく
札幌2歳Sに出走するのは社台グループの使い分け」とも言われていました。

しかし、いざレースが終わってみると洋芝でも問題なくしっかりと勝利。
無事に賞金も稼げたのでここまでゆったりとしたローテーションできています。


ロックディスタウンがわずか2戦でクリアしたお題は

直線の長い競馬場
小回りの競馬場
野芝
洋芝
輸送


なかなかに価値がある連勝です。
阪神JFの舞台は直線で上り坂のあるコースであり
まだ未体験のコースですが
スタミナとパワーを兼ね備えた馬が多い
ステイゴールドの血を引く馬なので
阪神が苦手と言う事は考えにくいでしょう。

鞍上はルメール騎手予定で関東馬の4連勝の確率は高そうです。



2番人気になりそうなのが
ラッキーライラック
こちらも2戦2勝のオルフェーブル産駒。

2戦目でアルテミスSを勝利。
アルテミスSでは道中4番手と好位追走し直線で
逃げたサヤカチャンを捕らえて勝利。

前残りの馬場状態だったとはいえ
道中では顔を振り、折り合いを欠きながらも
勝ちきったのは地力の高さの証明。

過去にはココロノアイがアルテミスSで折り合いを欠いて走るも勝利し、
次走の阪神JFでも3着と好走したこともあります。
ココロノアイはステイゴールド産駒でオルフェーブルのお父さんでもあり
何か似た感じがしますね。

初戦では上がりタイム33.1秒の脚を披露しており
溜めれば速い末脚を繰り出せることも証明済み。

阪神JFと好相性のローテーションであるアルテミスSというのもプラス点。
鞍上の石橋騎手は今年キャリアハイの勝利数で
12月にGIを勝てればイイ年で1年を締めくくれますね。

ちなみに今年の石橋騎手は関西馬に乗った時が成績が良く
ラッキーライラックも関西馬です。
そして11月の半ばまで外厩しがらきで調整されています。




人気のオルフェーブル産駒を逆転できる馬はどの馬か?

阪神マイル戦といえば怖いのはやはりディープインパクト産駒

出走予定馬の中では

サウンドキアラ
トーセンアンバー
トーセンブレス
マウレア
ラテュロス



何頭かは抽選対象なので
出走できるかどうか分かりませんが
その中でも有力馬扱いされそうなのは
マウレア。

桜花賞馬アユサンの全妹。
東京で2戦2勝の馬。
2戦共に派手な勝ち方ではないですが
初戦は狭い所から抜け出してきて勝利、
前走も直線で他馬に左右から挟まれるも怯まずに
抜け出してきて勝利と強い勝負心をもっているようです。

GIでは内を突く勝負にでた馬が勝つことも多く
馬群を恐れないというのは頼もしいです。


ラテュロスはアルテミスSで3着の馬。
好位追走し直線で内から抜け出してくる
競馬上手な馬ですね。
こういうタイプは勝ちきれなくても安定して
掲示板以内の着順に来やすいので要注意の1頭。


サウンドキアラは1戦1勝馬ですが
初戦の上がりタイムと倒した2着馬が次走を楽勝している事から
2ちゃんねるの競馬板などで穴人気となっています。

でもあの掲示板で穴人気する馬はほとんど馬券外なんですよね。
先週はミツバが人気していました。


私が注目している穴馬はトーセンブレス
デビュー前からいい馬だと評判で
初戦は柴田善臣騎手騎乗で1頭だけ次元の違う末脚を繰り出し勝利。

派手な勝ち方だった事とルメール騎手へと鞍上変更により
次走のアルテミスSでは
1番人気となりますが結果は残念ながら6着。

しかしラッキーライラックの項でも書きましたが
あのレースは前残り馬場で
脚質と展開的にも不利でした。

鞍上は柴田善臣騎手へと戻ります。
先週の阪神は差し・追い込みがよく決まる軽い馬場でしたので
前走よりは馬場は合うでしょう。
抽選を通り輸送も問題なくこなせれば勝機は十分にあり。

ヨシトミ先生が騎乗だからいい脚で追い込んで4着とかにもなりそうですけど・・・。




他にも完成度が高そうなファンタジーS勝ち馬のベルーガ
C・デムーロ騎手が騎乗予定。

2歳戦絶好調なロードカナロア産駒のグリエルマ

初戦で前残り競馬を見事な追い込みで勝利したソシアルクラブ
お母さんは名牝ブエナビスタ。


気になる馬が何頭か登録しています。





ちなみにロックディスタウンが勝った札幌2歳Sは洋芝。
洋芝はステイゴールド産駒の成績が良く、

またアルテミスSが開催された10月の東京芝はタフな馬場状態で
ステイゴールドの血統が多く好走していました。

ステイゴールドはオルフェーブルの父。
人気の2頭の前走は馬場も味方につけていたとも見れます。


そして先週の阪神芝は高速上がりがだせる軽い馬場。
ディープインパクト産駒・キングカメハメハ産駒といった
リーディング上位種牡馬の仔が好走していました。

その観点からみても
人気の2頭に逆転を期待できるのは
ディープインパクト産駒達ではないのでしょうか。



競馬ランキング

競馬ブログランキングへ

Comment

Add your comment