ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

エリザベス女王杯 社台グループがどうしても勝たせたい馬 

キャロット勝負服
今年のエリザベス女王杯は古馬牝馬のトップクラスと
秋華賞の上位3頭が出走する豪華メンバーでの開催となりそうです。

また新たに短期免許でムーア騎手が来日することから
ジョッキーも豪華な顔触れです。
戸崎騎手は相変わらず裏開催の福島記念へでるようですが。


エリザベス女王杯での各馬の状態や鞍上変更の動きなどについて
分かってる事を書いてみます。







前哨戦を勝利したスマートレイアー
クロコスミア

クロコスミアは前走の府中牝馬Sで
ヴィブロス・アドマイヤリード・クイーンズリングのGI馬3頭を相手に勝利。

見事な逃げ切り勝利でしたが
馬場状態と仕上げ度の差が味方したのも大きかったと思います。

上記のGI馬達は前哨戦と割り切って出走してきているでしょうし
特にヴィブロスは仕上げが難しいと言われる
前走ドバイでのレースでした。
一叩きされた事で間違いなく状態は上げてくると思われるし
お姉ちゃんヴィルシーナやお兄ちゃんシュバルグランのように
古馬になってからも成長して強くなっていく血統でしょうね。

鞍上はルメール騎手
現時点のKLANユーザー予想オッズではやはり1番人気となっています。


府中牝馬では4着だった昨年の勝ち馬クイーンズリング
昨年の勝利以降はパッとしな成績でしたが
ココを秋の目標としてやはり仕上げてきているようです。

昨年は1600M前後で強い馬と言われていたので
2200Mの距離で勝った時は驚きました。
マンハッタンカフェ産駒は非根幹距離に強いと言われている事を
改めて思い出させてくれました。

鞍上はC・デムーロ騎手の予定。
ずっと乗ってきた兄のM・デムーロ騎手は別の馬を選んでいます。
C・デムーロ騎手も凄く上手な騎手で
この乗り替わりをどう受け取るかですが、
個人的にはマイナスだと思います。

C・デムーロ騎手が悪いのではなくM・デムーロ騎手が
手放した事がマイナスですね。



京都大賞典で武騎手の神騎乗により
見事な追い込み一気で強敵牡馬相手に勝利したスマートレイアー

前走後の過程も順調なようで1週前追い切りでも
いい動きを披露しています。

スマートレイアーももう7歳になっており
GI獲りのチャンスはここが最後かもしれないので
陣営は悔いが残らないようにしっかり仕上げようとしているみたいですね。

鞍上は武豊騎手
武騎手はリスグラシューではなくスマートレイアーを選んでいます。
これは先約だからというわけではなく
秋競馬が始まる前から
「今年の牝馬路線はスマートレイアーでいく」と公言されていました。
スマートレイアーならGIを勝てると思っての事か、
特別な思い入れ等があるからなのかは判断が難しいですね。

ちなみにスマートレイアーが所属している大久保厩舎は
「この馬に武豊騎手の乗り方はあっていない」とずっと前から
遠回しにですが言っていました。
しかし前走でしっかり結果をだしたわけですが
実際の所はどうなんでしょうかね?
逃げから追い込みまでどんな競馬もできる馬だから
見る人によって乗り方の評価が違ってくるだろうし
乗るほうも自在性があるからこそ判断が難しいそうですよね。



秋華賞からは上位3頭が出走予定です。

秋華賞馬ディアドラは今年だけで
すでに8戦も走っていますが本当に丈夫な馬で
まだまだ元気一杯のようです。

鞍上は前走がルメール騎手から岩田騎手になります。
これは交代というより元にもどったわけですね。
秋華賞の前に岩田騎手は「体が2つ欲しい」と漏らしてたようで
素質馬ファンヂーナとのコンビが決まっていたけど
ディアドラに乗りたいというのが本音だったようです。

前走の勝利がルメール騎手の神騎乗によるものと思われているなら
この鞍上変更はマイナスと受け取られるかも知れません。
私の考えでは、ずっとコンビを組んできた岩田騎手に戻るは良い事だと思うし
岩田騎手も一時期の不振から脱却していますよね、
それに秋華賞直後の記事でも書きましたが
ルメール騎手の騎乗も凄いけど
単純にディアドラの力が抜けていたと思っています。

実はディアドラの馬主は岩田騎手にとって地方時代から親交のある恩人のようです。
前走で乗らなかった事も「競馬だから乗り変わりは仕方ない」と理解しつつ
ずっと付き合いのある岩田騎手にGIを勝たせてあげたいとの思いもあるようで
こういう裏の経緯を知るとやはりマイナスとは思えないですね。


秋華賞2着のリスグラシューは武豊騎手から福永騎手へと乗り替わり。
武騎手がスマートレイアーを選んだからですね。
リスグラシューは前走後に状態を見てローテーションを決めると言っていましたが
鞍上の件もあったのかもしれません。

武騎手が乗らないとなると過去に乗ったことがあって
矢作調教師お気に入りの戸崎騎手が乗るものだとばかり思っていたのに
戸崎騎手が得意のGI裏開催で勝ち星を稼ぐ作戦で福島に行ったから福永騎手なんでしょうか。

この乗り変わりは正直マイナスとしか思えませんね。


秋華賞3着馬モズカッチャン
M・デムーロ騎手が選んだ馬。

前走は道中で落鉄していたようで
レース直後から凄く悔しがり「次も乗せてください」とすぐに言ったようです。

確かに着差をみると落鉄がなければ勝っていたとも思えるし
なによりクイーンズリングというお手馬がいるにも関わらず
すぐにモズカッチャンを選択したのが好ポイントですね。
ハービンジャー産駒でオークスでも好走しているように距離も問題なし。


ミッキークイーンは前走が宝塚記念で3着。
去年の当レースでも3着。
近走の着順だけ見ると安定感がなさそうですが
そもそも他の馬達に比べて出走レースのレベルが高い。
そこで大きく崩れる事なく走っているのだから
やはり牝馬路線ではトップクラスの存在ですね。

今回の出走登録馬の中で宝塚記念に出走して
3着になれる馬はほとんどいないと思います。


そして前走のオールカマーで久しぶりの勝利を飾った
ルージュバック

早くからクラシック候補馬として高い期待を持たれていたのですが
肝心のGIでなかなか勝てない馬です。

前走もですが牡馬相手のエプソムカップや毎日王冠で
高い能力を披露するのに牝馬限定戦だとなかなか結果をだしていない馬。

ルージュバックはキャロットFの馬ですが
社台系クラブの馬は6歳3月で引退が決まっています。

母馬優先制度のあるキャロットFでは引退後に繁殖牝馬になってもらい
産駒を募集して利益を得るビジネスをしています。
ここで重要になるのが「GI勝ちの勲章」

GII・GIII重賞馬とGI勝ち馬では産駒の値段が大きく変わります。
だからこそ引退までタイムリミットがある5歳のルージュバックに
GIを勝たせたいようですね。

鞍上には今週から来日する世界的名手ムーアを手配


調整方法も今まではレース直前まで外厩天栄で仕上げる方法だったものを
前走から厩舎においてしっかり調整する方法へと変化させたようです。
これは大竹調教師がのーザンF天栄に直談判して話し合い決めたことのようで
前走の勝利直後は検量室前で大竹師と天栄関係者がガッチリと握手する場面が見られました。

ステファノスやアンビシャスやサトノアラジンといった
強力牡馬相手にも勝ってきた馬。
素質は間違いなくある馬が
残り少ないチャンスで関係者達が必死にGIを勝たせようとしています。
こういう過程を聞くとやはり軽視はできなくなってしまいますね。




色々書きましたが私の本命はディアドラです。
まだ1週前ですが秋華賞が終わった直後から決めていました。




Comment

Name - ともっち  

Title - 

エリザベス女王杯は迷いますね!エア馬券にして、開催日から穴場絶賛的中の福島開催に絞ろうかなと考えてます。笑 ブログ復活してくれて、嬉しいです!KLAN回収率1位返り咲きおめでとうございます!さすがです!只、KLANに変わるサイトを見つけないといけなくて、焦ってますが。。。陰ながら応援してます!
2017.11.08 Wed 09:57
Edit | Reply |  

Name - ヒーロー830  

Title - Re: タイトルなし

> ともっちさん
コメントありがとうございます。
福島競馬は面白いですよね。
回収率がよかったのは大穴の1発があったからですね。
運が良かったです。
kLAN終了はほんとに困りますね。
私も変わりになるようなサイト探してますが
なかなか難しいです。
これからも時間があればブログ更新していきますので
よろしくお願いします。
2017.11.08 Wed 12:49
Edit | Reply |  

Name - メトロンシシュ  

Title - いつも楽しく読ませてもらっています

本当にクラン終了は残念です。
ディアドラ5番人気はかなりおいしいですね。
今回のエリ女は実力馬がそろっているのでかなり楽しみです。
もちろん当てますよ。
2017.11.09 Thu 03:15
Edit | Reply |  

Name - ヒーロー830  

Title - Re: いつも楽しく読ませてもらっています

>メトロンシシュ様
コメントありがとうございます。
私もディアドラはかなり強いと思っているので
人気がないのはいい事ですね。
古馬実力馬相手にディアドラがどうやって勝つか期待しています。
私も負けないようがんばって予想して当てたい。
2017.11.09 Thu 06:32
Edit | Reply |  

Add your comment