ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

今週は追い込まれているあの馬主が大攻勢 

社台の勝負服
サムネイルの画像見るだけで分かる方も多いと思いますが
今週は社台レースホースが多くの馬を
出走させてくる勝負週です。

社台RHの看板馬であるソウルスターリングの出走に合わせて
社台F関連馬(吉田照哉氏、吉田千津氏の馬も含む)の大攻勢
なんと26頭もの馬を出走させてきますが
なぜそこまでするのかというと
実は社台RHが追い詰められている状態だからと思われます。












現在 社台RHシルクレーシング
熾烈な馬主リーディング3位、4位の争いを繰り広げています。

いまは社台RHが4位の状態
3位のシルクRとは勝ち鞍数で9勝
獲得賞金で約1億5000万円の差がつけられています。

ここが問題でありシルクRも社台グループ系列の
一口クラブですが両者の位置づけは


社台RHは社台F直営の富裕層向けクラブ

シルクRはノーザンファームが業務提携している庶民派向けクラブ




つまり高級クラブが庶民派クラブに負けてしまっては
「高い金だして社台RHの一口馬主なるより庶民派クラブのほうが儲かるじゃないか」
となってしまい会員の維持・確保に響く可能性もあるのです。


それだけではなく
社台RHは創業者である吉田善哉氏の時代から30年以上に渡り
馬主リーディングに君臨してきています。
それが このままだと3位になれず
いわゆるBクラス転落と危機が迫っているわけです。


実は去年と一昨年にも社台RHは4位転落の危機がありました。
2015年には金子正人HDに迫られ
2016年にはシルクRに追い詰められていました。


そこで社台RHがとった策は



戦いは数だよ



というわけで年末のクラブ所属馬による大攻勢という
物量作戦によって3位の座についたのでした。

今週のソウルスターリングとアルテミスSの結果しだいでは
シルクRとの賞金差は逆転できることになりますね。



せっかくなんで社台RHの出走馬でも書いておきます。


土曜日
新潟9R リュミエールドール

新潟10R フリージングレイン

東京3R トランスバレント

東京5R カーロバンビーナ
東京5R メジャーマジック

東京7R ウィズエモーション
東京7R レイクキャリー

東京8R オーダードリブン

東京11RアルテミスS
      グランドピルエット
      トロワゼトル
     ラテュロス


京都4R ナイトスプライト

京都5R アドベントサンデー
京都5R ヴィオローネ

京都7R ロライマ

京都9R シースプラッシュ




日曜

新潟5R スパイスマジック

新潟11R アルティマブラッド

東京5R ダークナイトムーン

東京7R ジョンブリアン

東京8R リベルタンゴ

東京11R天皇賞秋
      ソウルスターリング


東京12R イーグルフェザー

京都3R クロンプリンツ

京都6R アンヴァル

京都12R テラノヴァ





この層の厚さは流石ですね
しかしこれだけの出走馬がいながら
勝負ジョッキーであるルメール騎手とデムーロ騎手が乗る馬が
3頭しかいないんですよね
(土)東京5R カーロバンビーナと
天皇賞秋のソウルスターリングにルメール騎手

(土)京都9Rのロライマにデムーロ騎手が騎乗

なぜ勝負ジョッキーを乗せてこなかったのかわからないですが
とにかく今週は社台RHにとって大事な勝負週のような気がします。




Comment

Add your comment