ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

天皇賞(秋) 今週末も天気は微妙 良ならアラジン、重ならクラウン 

第146回天皇賞
先週の菊花賞は非常にタフで
見所のある面白い競馬でしたね

しかしゴール後のキセキやダンビュライトがフラついていたし
ダメージも残りそうな感じでした

今年の天皇賞・春に出走した馬はほとんどの馬が
次走で力を発揮できなかったし
同じように菊花賞の出走馬達の次走も要注意なような気がします










今週末の東京の天気も微妙ですね
週中に雨が降って
天皇賞当日も もしかしたら雨が降るかもしれません

出走登録馬を見てみると
馬場が荒れても能力があまり削がれない馬と言えば
サトノクラウンが目につきますね

香港の重たい馬場でGIを制した実績のある馬
香港V 宝塚記念に続きここで3つ目のGIタイトル獲得にも期待がかかります
鞍上はミルコ・デムーロ騎手
デムーロ騎手はいまGIを連続7戦か9戦か、どっちか忘れたけど
連続で馬券になっているようですね
当分 逆らわないほうがいいような気もしますが
こういうのは気付いた時が終わるときってのが競馬あるあるです


他にパッと見でタフな馬場になっても良さそうなのは
レインボーラインとかサクラアンプルールとか
ミッキーロケットとかですかね
トルークマクトの名前もありますが
出走してくるんでしょうか??
この馬は重たい馬場に強いですね



逆に良馬場での開催を望んでそうなのはサトノアラジン
良馬場か重馬場かの違いでパフォーマンスがガラリと変わる馬 
良馬場でハイペースで逃げる馬がいるときが一番力を発揮できる馬です

グレーターロンドンも鋭い末脚を武器とする馬ですから
上がり勝負に持ち込める良馬場のほうがいいでしょうね
他にもステファノスマカヒキといった
ディープインパクト産駒達は良馬場希望でしょう


出走馬中 1番注目を集めるのがキタサンブラック
今年一杯で引退することが発表されましたね
引退後は社台スタリオンで種牡馬生活に入るようです

キタサンブラックといえば昔の記事にも書きましたが
3戦1セットのローテーションで結果を出してきた馬


外厩帰りで休み明け1叩き

厩舎でスパルタ調教を行い狙ったレースを
本気で獲りに行く

余力でもう1戦して休みに入る


ずっとこのローテーションできており
みんなが驚くような強い勝ち方をするのはいつも2戦目

強い競馬をした後だから次走でも圧倒的支持を受けるも
本気仕上げの後で状態が落ちている3戦目はいつも負けています

しかし引退が決まっている今回は少し仕上げ方に変化をいれてきているようです
馬主である北島三郎氏がジャパンカップは去年勝っているから
今年は天皇賞・秋と有馬記念を獲りたがっているようで 

この希望に厩舎が答えるなら
初戦から勝負になる仕上げをするか
3戦目がピークになる仕上げをするのか・・・

木曜の追い切りとか厩舎コメントなどで
この辺りの判断も必要となってきますね


天皇賞・秋の過去の傾向で
リピーターとか3歳の優勝は過去10年なしとか
毎日王冠勝ち馬は勝てないとか色々ありますが
その辺りはまた後日に書いてみます

気になる!いま知りたい!って方は他の方々のブログをチェックしてみてください 
多分 誰かが書いてると思いますよ






Comment

Add your comment