ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

今年の菊花賞はタッグ戦!? 

マイネルチームプレー
菊花賞について書かれてある
いくつかの競馬ブログを見てみましたが
やはり似たような内容の記事が多いですね

そこでちょっと視点を変えて
ズレた考察でもしてみましょう










昨年の菊花賞を思い返してみると
あっさり先手を取って逃げようとするミライヘノツバサに
外からサトノエトワールが競りかけてきて
ペースを緩めさせないようにしていました

サトノエトワールはサトノダイアモンドのラビットとして出走しており
スローペースの前残りをなくすために
ペースを流れさせ実力ある馬が順当に上位にくるような
レースを作り上げました

結果はサトノダイアモンドが1着
サトノエトワールが最下位18着
しかし共に自分の仕事をしっかりと実施した競馬です


本来は日本競馬ではチームプレーは禁止されているのですが
実際には普通に行われており
今年も捻くれた見方をすると怪しい馬達がいます



まずはチームプレーと言えばマイネル軍団
マイネル・コスモ・ウインの冠馬は同じ軍団です
最近は冠が取れた名前の馬もいますね

この軍団からは
ウインガナドル
マイネルヴンシュ


この2頭はどちらも前走でいい競馬をして穴人気になりそうな感じです
共に内枠を引けて先行もできる馬同士
チームプレーを得意としている軍団
2頭が楽に先手を取ったら自分達に有利なペースを維持できるかもしれませんね


昨年チームプレーを決めたサトノ馬
サトノアーサー
サトノクロニクル


普通に人気する実力上位と思われている馬達ですが
やはりサトノの一番馬であるサトノアーサーを勝たせたいでしょう
ただサトノクロニクルも強い馬なので
サトノアーサーを勝たせつつサトノクロニクルも馬券内とか考えられます

この2頭は共に池江厩舎
池江厩舎からはもう1頭の有力馬である
皐月賞を制したアルアインも出走してきます
実力上位馬3頭で上手く協力されると他の馬達はやりにくいでしょうね


1番人気になるかも知れないキセキ
実はこの馬にも協力してくれるであろう馬が出走してきます
というか前走の神戸新聞杯でもコンビプレーやってます
アダムバローズの馬主が猪熊広次氏で
キセイの馬主が石川達絵氏
この2人は親族であり事実上の同馬主
アダムバローズは高確率でキセキの為のレースをすると私は予想しています

鞍上が昨年 見事にラビット役を務めた池添騎手
先手取って有利な展開を作ろうとするマイネル軍団に
外から一気に競りかけてきたりしそうです


長距離の成績がいい友道厩舎からは
上がり馬が2頭出走
トリコロールブルー
ポポカテペトル

この2頭は前走1000万勝ちですが
今年は出走する為の賞金ボーダーが低いと早くから推測できており
しっかりと外厩を使って準備してきています


音無厩舎も2頭出し
スティッフェリオ
ダンビュライト

この2頭はチーププレーをするようなタイプには見えませんね




枠順とか脚質とかで色々な事で
考えてみるとありえそうなのは

マイネル軍団が先手取って緩い前残り展開

先手を取ったマイネル軍団に外から競りかけるアダムバローズ
昨年のように実力上位馬がしっかり馬券内にくる厳しいペース

サトノアーサーを勝たせるようにサトノクロニクルが
ペースメーカーとか進路確保をやる



こんな事を枠順確定した出馬表見ながら想像していましたw



話は変わりますが
デムーロ騎手の長距離レースは成績悪いですね
乗ってる回数自体もそこまで多くはないけれど・・・

対してルメール騎手は長距離レースも成績いいですね

俗に言う剛腕騎手と当たりの柔らかい騎手の差なんでしょうかね??









Comment

Add your comment