ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

菊花賞の勝ち方を知る厩舎 

ミッキースワロー
色んなブログや掲示板を拝見していると
昨日のディアドラの評価が思ったほど高くないようですね 

展開が向いただけ 運よく馬群の間を通ってこれた 
モズカッチャンが落鉄していなければ負けてた(これはちょっと納得)
などなど・・・

私から見るとかなり強い競馬のように思えたのですが
やっぱり見る人が10人いれば10通りの感想があり
大きく変わってくるものですね








今週は菊花賞

私の大好きな長距離レースです


ネット競馬の予想オッズでは

1人気 キセキ
2人気 アルアイン
3人気 ミッキースワロー


予想1人気のキセキは2歳のころから期待されていましたが
賞金加算が上手くいかず夏場に500万、1000万と連勝し
神戸新聞杯ではダービー馬レイデオロには勝てなかったけど2着と
高い実力を示している

角居厩舎の馬ですがこの厩舎はエアウィンザーや
グローブシアターなど他にも素質が高そうな馬がいるのに
登録してきたのはキセキ1頭だけ
これは自信の表れと見るべきなのか?
折り合い面や長距離のデムーロ騎手とか不安な点もありますね


アルアインは皐月賞を勝った馬
皐月賞と菊花賞の2冠を達成した馬は
何頭かいるように皐月賞馬とは相性のいいレース
こちらの鞍上はルメール騎手
今年のGIはデムーロ騎手とルメール騎手から買ってれば
大体当たってるんですよね

アルアインは池江厩舎
同厩舎からは
サトノアーサー
サトノクロニクル
 
3頭が登録されています

サトノアーサーは池江厩舎の世代1番馬
同世代の馬達はこの馬の邪魔をしないような
ローテーションを組まれてきました
体形的にはマイラーよりですが最近の菊花賞は
スタミナ勝負にならず後のマイラーが好走する事も多々ありますね
エアスピネルやリアルスティールが好走しています
前走は神戸新聞杯を3着とキセキに負けていますが
キセキが馬体重-12kgに対しサトノアーサーは馬体重+14kg
成長分か本番に向けての余裕残しか・・・
おそらく後者でしょう
調教内容にも変化を加えて淀の長丁場を走れる体形へと
変化させているらしいです

もう1頭の池江厩舎馬サトノクロニクルは
瞬発力よりも長くいい脚を使うスタミナタイプ
長距離は合いそうですが 上にも書いたように
最近は長距離適正が問われない結果になる事も多いんですよね
鞍上は福永騎手
このレースではテン乗りもマイナス点
自分から動く事のできない騎手で周りに合わせた
無難な騎乗をすることが多い騎手なので
勝つのもあまり想像できないですが
馬の能力で複勝圏内にはきても不思議ないです

池江厩舎は菊花賞の勝ち方を知る厩舎
過去にはオルフェーブル・サトノダイアモンドで勝利
この2頭は能力が抜けていたんでしょうが
他にもサトノノブレスで2着
2014年にはサトノアラジンが出走して6着となっていますが
直線でタガノグランパから不利を受けなければ3着だったかもしれないと
言われていました

過去の結果からも池江厩舎×サトノは要注意ですね



ミッキースワローは菊沢厩舎の馬で
息子の菊沢騎手をずっと乗せていたのですが
新人ゆえに勝てるレースを2戦続けて取り損ねてしまいました 
とうとうベテランの横山騎手へと鞍上交代した前走で
アルアインとサトノクロニクル相手に余裕の勝利

関係者に言わせれば「勝って当然。師が息子に重賞を勝たせようと
贔屓しなければもっと早くから活躍していた。」

スタミナも豊富そうな血統で
ディープインパクトの血も引いているからか瞬発力もあります
関東馬の菊花賞成績は悪いですが今のところ本命候補です



他に気になる馬はウインガナドル
前走は古馬相手の新潟記念で大外から果敢に逃げて4着
勝ったタツゴウゲキとは0.1秒差

前に行った馬が残る展開でしたが
それでも最後まで失速しない強い走りでした
血統は一時期はやったステマ配合
スタミナは間違いなく豊富ですね

トリコロールブルーは前走1000万クラスを
馬体重+32kgで勝利
しっかり成長しています
友道厩舎の馬で
今回は関西馬なのに外厩に天栄を利用
友道×天栄は好成績パターン

ポポカテペトルもスタミナが豊富な1頭
兄はマウントロブソン

ダンビュライトは折り合いと距離適性が不安点ですが
鞍上は淀の名人 武豊騎手
エアスピネルを3着に持ってきた名手

抽選対象ですが個人的に出走してきたら
買ってみたいのはダノンディスタンス



色々と考察しましたが このレースは内枠が
圧倒的に有利なので枠順が決まらないと予想はできないですね







Comment

Add your comment