ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

フェブラリーステークス 実績馬は近走不振 

ノンコノユメ
春のダート王を決めるフェブラリーステークス

出走登録馬を見てみると さすがに実績ある馬達が多いです
しかし実績馬達の多くが近走不振ですね

実績馬達がここで巻き返してくるのか
勢いに乗った上がり馬が古豪を撃破するのか
楽しみな一戦です






















GI馬も多数出走登録していますが
レッツゴードンキはおそらく別のレースへ向かうようですね
カゼノコも昨日走っていたので出ませんね

サウンドトゥルーの主戦騎手である大野騎手が騎乗停止になってしまったので
鞍上が誰にかわるかも予想ポイントとなるかも知れない
去年は芝スタートとマイルが合わないといって出走してきませんでしたが
強烈な末脚は東京コース向きですし軽視はできないですね

サウンドトゥルーと同厩舎のGI馬ホワイトフーガ
こちらは去年の夏から蛯名騎手が乗って4戦すべて3着以内と大きく崩れてはいませんが
全て地方重賞という点が評価が難しいところ
中央と地方じゃ砂の質もコース形態もかなり違いますからね

騸馬となったノンコノユメ
去勢されてから一気に成績が悪くなったように見えますが
よく成績を見てみると2走前のチャンピオンズカップは
一昨年2着した時とほぼ同じタイム、上がりもほぼ同じ
おそらく得意であろうワンターンの東京コースで復活なるか
しかし この馬はホントに乗りにくそうな馬ですよね
コーナーもあんまり得意じゃなさそうで
いつも最後の直線で「もう無理だろ~」ってところにいるし
加速しだすまでちょっと時間かかってますよね

去年の覇者のモーニン
フェブラリーSを勝ってから成績が振るわないです
アメリカ産馬だから早熟タイプではあるんでしょうが
去年の勝ちが勢いに乗ってそのまま勝っただけなのか
それも今回わかるかもですね
父ヘニーヒューズだし本質は1400Mが合ってるのかも知れない

モーニンと同厩舎のベストウォーリア
ここ2年間で11戦して馬券外になったのは1度だけ
安定してはいますが、前4走は連続2着
なかなか勝ちきれないです
こちらも得意距離は1400Mなんでしょうが
過去2回のフェブラリーSで3着・4着
東京コース自体の適正はあり
休み明け得意で過去2年は鉄砲でフェブラリーに出走してたんですが
今回は叩きとして根岸Sに出走
これは名より実を獲りにいったとみるべきか
いままでと同じローテーションじゃ勝てないと見て
流れを変えてみたのか どちらなんでしょうかね

コパノリッキーも全然振るわないですね
特に近3走は見せ場もなく敗退
自分の形に持ち込めないと脆い馬で
弱点が周りにばれてるから難しいんでしょうね



実績馬に不安が多い中
一気に主役の座につきそうなのがカフジテイク
1400Mまでの馬と思われていた中
チャンピオンズカップでは後方から追い込んできて4着
前走の根岸Sでも追い込んでベストウォーリアに1馬身差の勝利
東京コース向きで距離の融通もつくようになったのなら
本格化したと見ていいんでしょう



実績馬達が不振な為カフジテイクが人気になるのでしょうが
上昇一途なカフジテイクから馬券を買う事が正解への道なのかも知れない








DMM.make DISPLAY








Comment

Add your comment